スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yun
 
[スポンサー広告
天使の卵
観て来ました。
世の中にレディスデーがあることに万歳。
ごめんなさい辛口です^^;
正直。。。。
レビューとか見ても前評判がそんなに良くなかったから
どうせ邦画見るなら噂の「フラガール」が観たい(優ちゃん出てるし)
とか思ってました。←最低

しかし一緒に行く友達が村山由佳つながりで仲良くなったので
映画化決まってすぐ行く約束してたんで。ハイ。



・・・・・・・・・評判どおりでした(爆)
主人公の市原隼人がすごい熱演してるんだけど
その喋り方が私は好みじゃなかったなぁ・・・・・と。

ストーリーも原作読んだのは中3のときだけど、
相当オリジナル入ってたと思います。
こんなに早く二人は結ばれてなかったはずだし
もっと葛藤があったはず。
まあ仕方が無いのかな。実写化だし。

主人公歩太が絵を描くシーンとか
ロケ地が京都だったのでちょっとした背景を観てる分には
結構楽しめたんだけどね。

「へーこうやって鉛筆削って描くんだ~」
「あーここ哲学の道じゃん~」
「あーこれ平安神宮だー」
「おーここが例の・・・!」

みたいな。
ちょっとした京都ツウ気取りです。笑


それより予告でオダジョーの映画が2本ほどあってドキドキしてました。
先週の日曜「時効警察」DVD上映会(in友達の家)があって以来
さらにはまってるよジョー。
今度は2枚目なジョーがみたいよジョー。
スポンサーサイト
Posted by yun
comment:0   trackback:0
[映画・テレビ・メディア
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yumemakura.blog19.fc2.com/tb.php/312-aa4d4e14
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。