スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by yun
 
[スポンサー広告
図書館バイトで気づいたこと
図書館バイトの話。

10時始まりなんだけど、今日は10時前から来ている小学3年生の男の子がいた。
坊主・ランニングシャツ・短パンというすごい昔懐かし夏男な感じの。

朝4時に起きてゴルフ行ってきた帰りなんだって(爆笑)

夏休みの宿題は7月中に終わらせたこと、
最近のそれはワークブック以外に
日記3枚と植物の観察レポート3枚と工作と本を200p以上読むこと、なんだって。

読書感想文ないのか・・!てか日記3枚って日記じゃねえ!!!!
とか思いつつ、図書館が開くまでずっと相手してた。
平成生まれとの交流、なかなか楽しかった。笑


↓図書館でバイトしてもうすぐ半年になるので気付いたことまとめてみる。

・子どもを連れてくるのは「お父さん」であることが多いということ。

 (私は父に連れて行ってもらったことなかったのでコレが一番驚いてること)

・アンパンマンは本当にどんな子どもでも知っているということ。

 (カウンターにあるぬいぐるみを見つけて「アーマンマン!」と指差す子の多いこと多いこと)

・本を破ってしまったときに自分でセロハンテープで修理して返したりされるのが一番困るということ。
 (セロハンテープは色あせするから、結局それをはがして修理しなおさなきゃいけない。
  へたに直さず破れた箇所をそのまま挟んで返してくれた方がはるかにこっちは楽。)

他にもアンパンマン大図鑑修理してるときに知った、
アンパンマンのありえないほどのバリエーションの多さ(参考:http://masayans.hp.infoseek.co.jp/link2-zu.htm)とか、

ビデオの再生確認のときにその暴走振りに驚愕した、
トーマスの自己中さとかね。笑

雑学も含めて何かと得るものが多い。


あと、たくさん良いパパさんたちを見てきて、
やっぱりこういう人達ってかっこいいな、素敵だなって思えた。
このバイトして、自分の理想に確信を持つことができたように思う。
スポンサーサイト
Posted by yun
comment:0   trackback:0
[バイト・ボランティア
comment
comment posting














 

trackback URL
http://yumemakura.blog19.fc2.com/tb.php/520-82ede459
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。